大学院生優秀報告賞選考規程

公共選択学会大学院生優秀報告賞選考規程

第1条 名称
1.本賞は,公共選択学会大学院生優秀報告賞(以下、優秀報告賞)と称する.

第2条 目的
1. 本賞は,大学院生の研究を奨励するとともに,公共選択論の学問的発展に寄与すること
を目的とする.

第3条 選考対象
1. 本賞の対象者は,当該年度の公共選択学会全国大会において,学会報告時に博士前期課
程(修士課程)ないし同後期課程に在籍している会員であり、かつ,本人が単独で行う学会報告の申込時に本人自らが本賞の対象者となることを大会開催校事務局に申請した者(以下,申請者)とする.
2.各年度の優秀賞受賞者数は若干名とする.

第4条 選考方法
1. 会長は,大会開催校事務局からの連絡を受けて、大会開催までに本賞を選考するための委員会(以下,選考委員会)の委員長を指名しなければならない.
2. 選考委員会は、委員長および委員長が当該大会までに指名する若干名の選考委員から構成される.選考委員の任期は当該大会における優秀報告賞の選考終了までとする.ただし、選考委員の留任は妨げない。
3. 座長および討論者は,別に定める所定の評価シートに基づいて申請者の報告を評価し,
これを選考委員会に提出しなければならない.
4. 選考委員会は,申請者が大会開催前に選考委員会に提出した論文および評価シートに基づいて大会終了後、選考し、選考結果を当該年度の9月末日までに会長へ報告しなければならない.
5.会長は、理事会に選考委員会の結果を報告し、理事会で協議の上、これを決定する.

第5条 表彰
 1.本賞の受賞者は,賞状を授与される。
2.会長は,選考結果について『公共選択の研究』などで公表する.

第6条 規程の改廃
 1.本規程の改廃は、理事会の承認を経た後、総会の承認を得て決定される.

付記1:本規程は,平成21年 7月4日より施行される.
付記2:本規程改正は、平成22年6月28日より施行される.

a