学会誌編集委員会規程


(学会誌編集委員会)
第1条 公共選択学会は、学会誌「公共選択」を発行するために、学会誌編集委員会を置く。
  2.学会誌編集委員会は、学会誌の編集を行う。

(学会誌) 第2条 学会誌の発行は、原則として年二回とする。
(構成) 第3条 学会誌編集委員会は、編集委員長および若干名の編集委員によって構成される。   2.編集委員長は、会長が会員の中より理事会に推薦し、理事会が承認する。   3.編集委員は、編集委員長が会員の中より指名して会長に報告し、会長が承認して     理事会に報告する。
(任期) 第4条 編集委員長の任期は、編集を担当する学会誌が発行された日までとする。   2.編集委員の任期は、編集を担当する学会誌が発行された日までとする。
(委員長) 第5条 各号を担当する編集委員長は、学会誌編集委員会を主宰し、学会誌の編集を     統括する。
(原稿) 第6条 学会誌は、次に定める原稿によって構成される。     一 学会誌編集委員会が執筆を依頼した原稿     二 査読委員会が掲載を可とした投稿原稿
(投稿原稿の審査・掲載) 第7条 学会誌編集委員会は、査読委員長と協議して第六条第二号の投稿原稿の掲載号を     決定する。
(著作権) 第8条 学会誌が掲載する論文の著作権は、公共選択学会に帰属するものとする。     掲載論文の執筆者が自ら執筆した論文の転載を行う場合には、必ず事前に本学     会事務局及び学会誌を刊行する出版社に対して文書で申請するものとする。た     だし、「公共選択」当該号刊行後、一年以内に刊行される他の出版物への転載     は認めない。また、コンピュータ・ネットワーク上での公開については、自ら     執筆した論文に限り、「公共選択」当該号刊行後、一年六ケ月経過後に認める     ことがある。   2.執筆者本人は、学会誌に掲載された論文が第三者の著作権を侵害しないことを     保証する。また、第三者の著作権を侵害したことに伴う一切の責任は、     執筆者本人が負うものとする。
(電子化) 第9条 学会誌に掲載された原稿は、発行から一年半が経過した後、原則として電子化し、     コンピュータ・ネットワーク上に公開する。   2.学会誌に掲載された論文の執筆者は、次に定める電子化に伴う利用行為に     同意するものとする。     一 当該論文を複製し、サーバに格納すること(送信可能化)     二 ネットワークを通じて当該論文を広く社会に無償で公開すること(公衆送信)     三 当該論文の保全のための複製を行うこと(バックアップ)
(改廃) 第10条 本規程の改廃は、理事会によって行われるものとする。
附則1 本規程は、2011年7月2日より施行される。 附則2 本規定は、2012年7月に刊行される学会誌「公共選択」編集から適用される。 附則3 本規程は、2011年7月16日より施行される。 附則4 本規程は、2012年9月19日より施行される。 附則5 本規程は、2013年3月23日より施行される。